カテゴリー: 未分類

なんちゃってヨガでも十分

小さい頃から痩せ型の大食いで、ダイエットに無縁だった私。ところが34歳で出産を経験し、子育てに追われるまま40歳を迎える頃、ようやく自分の身体と向き合う時間ができて気づいたこと。

それは、もはや昔の私ではない、という事実。子育てと仕事を言い訳に、さんざん甘やかされたまあるい塊がそこにはあった。気づいてしまってからというもの、自転車通勤を徒歩に変えたり、気持ちご飯の量を減らしてみたり、若干の努力をしてはみたけれど、成果はちっとも現れず。メイプアップの筋トレへの効果

そんな私がある日、カリスマヨガユーチューバーに出会った。もちろん、実際に会ったわけではなく、あくまでもYOUTUBEの配信を見ただけだけど。ハワイと思われる広大な自然を背景に、ただあぐらをかいて姿勢を正し、腕をまっすぐ天に向けて伸ばし、静止しているだけ。これなら簡単そう、と早速真似てみた。

ところが、ただそれだけと思うポーズなのに、ものの30秒ですでに苦しい。苦しいのは息をしていないからだ、と気づくも、息さえできない。動画の中のカリスマは、「らく~にゆっくり呼吸して~」なんて言っているけど、もう本当に全然できない。

カリスマはあんなに涼しそうなお顔をしているのに、私の顔は強張るばかり。横隔膜の下のあたりがやけに痛いし、上げている両腕もすぐにプルプルしてきて、おそらく客観的に見たら、ものすごく格好悪い。これすら、できないのか、私は。あまりにも自分が情けなくて、それからというもの、毎晩カリスマの動画を見ながら、見様見真似でヨガをする時間を設けた。

しばらくして分かったのは、私はただ太っただけではなく、筋力が果てしなく衰えていたこと。きちんと座る姿勢すらキープする筋力がなく、背中もすぐに丸まろうとする。

もちろん身体は歪み、代謝は悪くなる。そんな姿でデスクワークもしているから、肩もものすごく凝ってしまう。ダイエットももちろん大事だが、今私を立て直すのは、体幹を鍛えること。そんな想いで1カ月続けてみたら、ヨガの気持ち良さが癖になった。

運動全般に言えることではあるが、身体を鍛えることは、間違いなく精神を鍛える。実際に私は前より少し、自分に自信を持ち、顔つきが良くなった(と信じたい)。本当は実際にトレーナーに付いてもらって、ヨガを基礎から学ぶほうが効果的だろう。だけど、YOUTUBEという手軽さで、それなりに身体に変化を起こせるのであれば、これで十分。