結局ダイエットに一番効果的なものは○○♪

1月 20, 2021 ダイエット

結局のところ、ダイエットに一番効果的なものは○○である。○○の答えは文末に出てくる。

私が、「ダイエットをやらねば!」と思ったのは、大学生の時である。高校3年生の時に身長の伸びが止まり、体重の増加が止まらなくなってきた。増加が始まった時は気にも留めていなかったが、周りの友だちから「太った?」、「ちょっと大きくなった?」と言われるようになってくると、いよいよスルーはできないな、と感じ始めたのである。

パエンナスリムNEO(ネオ)を辛口評価!むくみへの効果と私の口コミ!

とは言うものの、動くことやキツいことが嫌いな私がすぐに始めるわけもない。「ダイエットを始めなきゃ、始めなきゃ、」と思っているうちに、私は短大を卒業していた。ダイエットよりも社会人生活が始まったのである。
社会人生活の始まりは、ストレスの連続である。訳も分からないうちに1日が過ぎ、怒られ、叱られ、そのストレスを「食」で晴らす毎日。太るわけである。大学時よりも

+10㌔は、あっという間であった。大学でも「デブデブ」と言われ、会社では「肥えたな~、貫禄があるな~」と笑われる。私も半分、いや、全て諦めていた。肉体の健康より、心の健康の方が大事。「食べたい」という気持ちに正直に生きよう。そう何度も思っては食べ、食べ続けていた。
そんなこんなしているうちに、10年という月日が経っていた。一つの会社で10年間も働いてたのである。そろそろ他の仕事もやってみたいな~、と思っていた私は、会社を辞め、次の仕事探しを始めていた。辞めた直後は次の仕事先を決めていなかったため、とりあえずアルバイトを始めることにした。日雇いの派遣みたいなバイトである。毎日毎日違う現場に行っては何かをして帰ってくる、という仕事であった。

その時である。私の身体に、「大きな変化」が起こったのである。みなさん、もうお気づきであろう。そう。私は、「痩せた」のである。急にである。
次の会社に勤めるまでの約3カ月の間に、私は急に痩せた。理由はひとつ。「運動」である。
私が始めた日雇いのバイトは、大きな倉庫内を歩いて動き回る仕事だったのである。それまでの仕事はデスクワークで全く動いてなかったのである。ただ動きまわる仕事に変えただけで私は、約20㌔のダイエットに成功した。

痩せたことに嬉しかった私は、日雇いの仕事を辞め、次の会社に就職した。デスクワークの仕事である。もうお気づきだと思うが、私はまた、3年という月日を経て、20㌔の増加に成功した。

投稿者: mako