乾燥から肌を守る!保湿の大切さ!

12月 8, 2020 スキンケア

寒い季節になって踵がカサカサしたり身体の皮膚が乾燥するのと同時に顔も水分が少ないのか保湿しても乾いてしまいカサカサして悩んでいました。
混合肌で敏感肌でもあるので化粧水や乳液、美容液など、直接皮膚に触れる商品を新しくみつけるのは難しいくて…
友人に良いよー!と教えてもらって試したトライアルセットを使ったら、顔が痒くなってしまったり、赤くなってしまったり…
試供品を試すのも自分で実験するようで嫌なので、しばらく避けていました。

シロジャムの効き目

そんな時、化粧水は質より量だという話を聞きました。
その女性曰く、安価な化粧水でも高価な化粧水でも、使い方次第でお肌の保湿効果が変わるとの事。
今、使用している化粧水をそのまま使って、使い方を変えたら効果が得られるの?と、半信半疑でしたが試してみました!
同じ化粧水を使用するので肌が痒くなったり赤くなる心配もないので安心して試せた事が大きいです!

入浴後、洗顔後の化粧水の使い方ですが、まず大切な事は量を惜しまないことです!勢い良くばしゃばしゃ!と。
手で顔にトントンとのせます。乾く前に手でトントンとのせてあげます。指先で髪の生え際にも行き渡るようにがポイントです!
惜しみなくたっぷりと!も、ポイントです!

身体を拭いたり、髪を乾かしたり、顔以外の保湿をしている合間に、何度も顔に水分を補給させます。
そうすると、なかなか乾燥しなくなってきます。
手で顔にトントンと化粧水を浸透させる作業を繰り返していくと、あれ?手で触った感触が違うという発見がありました。
お肌に水分が十分に足りていてもちもちしているのが分かったんです。
そうしたら、化粧水作業を終えて、乳液や美容液で油分の膜をしいてあげます。
もちもちした潤いある状態の肌に、乳液をそっとのせてあげます。べたべたにならない様に、ここは惜しんで適量で。

入浴後だと、朝起きた時に、顔がすべすべしていて気持ち良くて。化粧ノリも良いんです!
朝の洗顔後だと、もっちりすべすべが持続するので、つい、触るたくなるお顔になりました!
ストレスなく高価な商品を買わずに効果が得られる保湿技!
今年の冬もこの技で乾燥を乗り切ろうと思います!

投稿者: mako